Last update 2006/02/05




Home Review 感想 ダイアリLOG ライブラリ リンク
読書 映画 趣味 キャラメルボックス
読書日記





わ行



サンタクロースのせいにしよう By 若竹七海

 料理さえ作れば家賃はタダで同居人を募集しているお嬢さんがいる。失恋の痛手を癒すには引越しがいいと言うCMを見ていた柊子は、友達の夏見から頃よく掛かってきたその電話ですんなり引越しを決めた。
 そのお嬢さんは俳優の松江丈太郎の娘で松江銀子といい、少し常識から外れている。過去の同居人たちは自分たち以外にも誰かが住んでいる、と2週間もたたないうちに引き払っていくというのである。どうやら、銀子には下駄箱にいるお婆さんの幽霊の姿が見えないらしい・・・。

 日常の謎系の短編集。若竹七海が描くキャラクタってちょっと自虐が入っていて、尚且つツッコミが鋭くて面白いんだけど、キャラの輪郭が濃すぎるような気がする。キャラにばかり目が行ってしまい、自分が読みたいはずの謎解きのパーツの存在感が薄いように感じる。
 一番魅力的だったのは、チューリップが根こそぎ消える「死を言うなかれ」かな。

(読了 : 2005/01/24)






  Copyright (C) 2004 Tan Popo Michino